2010年05月10日

鏡は鏡でも

自動車の鏡とは違います。
ウチで扱っている(建築用の)鏡は・・・。


今日、電話がありました。

「車のバックミラー(フェンダーミラー?)の鏡が外れて落ちて割れたから入れて欲しい。」と

「車の鏡はウチで扱っている鏡とは違うんですヨ。」

「鏡だから同じじゃないの?鏡を切って入れてもらえればいいんだけど。」

「いえ、車の鏡は凸面鏡になっているんです。ウチにあるのは平滑な鏡。
 車の鏡は死角ができないように凸レンズになって(広い範囲が映るようになって)いるんです。」

「あっ、そうですか。」

「そういうわけですので、それ専用の鏡を入れて下さい。」

丁重にお断り申し上げました。

車の鏡として、いわゆる建築用の鏡を入れると、
今まで映っていた範囲が映らなくなって、危険極まりないです。

たとえ
「何でもイイ。とりあえず鏡が入っていれば。」と言われても、
「ハイ、そうですか。」とは言えませんし、できません。
責任問題になりますからね。

車の鏡、
凸面鏡になっている事、
ご存知ない方(今日の電話はオジサンでした)、
結構多いのかな?

車のは凸面鏡だから、
小さくてもあんな風によく見えているんですよ。。。


---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!


posted by tamura-glass at 19:51| 山口 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ペアガラスの小ネタ

をひとつ。


ふつう、一般的に、大抵、いつも、

複層ガラスのことを、ペアガラスと言いますが、

このペアガラスという言葉、

実は「登録商標」だってこと知ってましたぁ?

つまり、商品名だってこと。

私たちの年代で言うと、「ウォークマン」と同じ事。


ペアガラスって、実は、
国内にあるガラスメーカー3社の内のひとつ旭硝子の登録商標なのです。
だから、「ペアガラス」と叫んでいる以上、
本来ならそれはすべて、旭硝子社製の複層ガラスのことになるのです。

ちなみに、他の2社
日本板硝子のペアガラス、
じゃなかった複層ガラスはペアマルチ。

セントラル硝子のペアガラス、
じゃなく複層ガラスは、ペアレックスという商品名で呼ばれています。


以上、
ペアガラスじゃなかった、
複層ガラスに関する小ネタでした。

ちなみに弊社は、
日本板硝子のペアマルチを主に扱っております。


--------------------------------------------------------------

住宅版エコポイント制度はじまりました。
窓のエコリフォームでエコポイントがつきます。

周南市の「ガラスの交換でエコポイント」
    「窓エコリフォームでエコポイント」のご相談はこちらまで

--------------------------------------------------------------


お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!
posted by tamura-glass at 20:20| 山口 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

ペアガラスも結露する!

先日の物産展でのこと。

お子さん連れの若いご夫婦が、いらっしゃいました。


ご夫婦「すみません。ちょっとお聞きしますが。」

私「ハイ、どうぞ。何でしょう?」

ご夫婦「ペアガラスでも結露するんですか?」

私「ハイ、しますよ。絶対しないと言うとウソになります。お宅、お宅で住宅環境や家族構成などぜーんぶ違いますから、ペアガラスなら結露しませんと言うと、それらがどんな状況下でも結露しないということになるので、それはウソになります。」

ご夫婦「最近建てた家なんですが、結露がひどいので、ヨソのお宅はどーなのかと思って・・・。」

私「どこかのハウスメーカーで建てられたのですか?もし差し支えなければ・・・。」

ご夫婦「ハイ、●●●●ホームです。」

私「ハウスメーカーの人は【ぺガラスなので結露しません。】と言われましたか?」

ご夫婦「いえ、【結露しにくい】と言われました。」

私 「どんなサッシがついていますか?このような(と展示していたサッシを差し出して)?これはアングルの部分が樹脂になっているのですが・・・。」

ご夫婦「ハイ、確か内側が樹脂だったような・・・。(のぼりに付いていた某メーカーのロゴを指して)このマークが(サッシに)付いています。」

私「寝る時、お子さんと一緒に休まれませんか?」
  (小さなお子さん、3人だったか4人だったかお連れだった。)

ご夫婦「ハイ、そうです。」

私「・・・やっぱり(心の中で)。小さなお子さんは新陳代謝が激しいので、(ましてや皆で寝ると)必ず結露しますよ。」
 「結露しないようにするには、窓を開けて寝るか、暖房を付けっぱなしにされたら(発生)しにくくなります。(けど、そんな事は絶対無理です)。発生した水蒸気より、多くの水蒸気を排出できれば、結露は防げますが、高気密、高断熱でも無い限り(それでもきっと無理)、24時間換気の小さな穴からは、部屋の中の水蒸気は排出されません。ましてや、ご家族全員で一緒に寝られたら絶対無理です。むしろ結露して当然です。」

ご夫婦「そうですよね。(納得されたご様子で)。」
   「・・・安心しました。」



私も、少しはお役に立てたようでした。





 


posted by tamura-glass at 20:41| 山口 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

ガラスは刃物です。

これくらい大きなガラスが割れたら、
20090922ガラス.jpg
ケガが無くて済んだだけで、もう何も言うことはないですね。

世間は連休中。
休日診療もあるけど、そういうもんじゃないですね。
良かったぁ。

厚さ5mm、畳約一枚分の大きさの廊下のハキダシ。
上から破片が頭の上にでも落ちて来たら、即病院。
そう考えるとゾッとします。

おばあちゃんが電話をして来られました。
自分が割っってしまったと。
しかも、ちょうどご家族は出ていらっしゃって、おひとりの時。
大事に至らなくて良かったですね。

ガラスの恐怖。
ガラス屋が一番知ってます。

割れたガラスを外す時、手袋はめていたにも関わらず
(手袋と一緒に)指を切ってしまいました。
これもまた日常茶飯事です。
ガラスって、良く切れるんですよ。イヤ、ホント。

みなさんも、どうぞ気をつけて下さいね!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

弊社のホームページが出来ました。
まだまだ未完成ですが、随時更新中です。
http://tamura-glass.net

---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!





posted by tamura-glass at 17:32| 山口 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

奇 跡

一昨日のことだった。
ここは市内の某小学校の体育館。

中学生の男の子ふたりがふざけていて、
ひとりの子がドアを閉めたとき、
もうひとりの子が手で止めた拍子に、割れたという。

それがこんな大きな1枚ガラス。
0509 ドアガラス (1).jpg
しかも網入り。厚さは6.8mmと約7mmもある。

網が入っているので、破片はそれほど飛び散ってはいないものの、
それでも、鋭利なガラスのカドがこのようにこちらに牙をむいている。
0509 ドアガラス (2).jpg
これを、あろうことか素手で割ったというのであるから
何ともスゴイ力ではあるが、それ以上に、無傷というのがスゴイ。

これは「奇跡」としか言いようがない。

そんなことを含めて、
「奇跡」の子のお母さんと話したが、
私からその状況を聞くと、ゾッとしたという。
高価なガラスだが、ケガが無くて何よりと。
もし、破片が手首に突き刺さっていたとしたら、
病院送りは免れない。

・・・良かった。

0509 ドアガラス.jpg


先程お母さんとわざわざ尋ねてくれた「奇跡」の子は、
中学3年生の体格の良い子だった。

しかも、

そのお母さんは、私の中学時代の同級生。

体格こそ違うが、顔はそっくりだった。

何はともあれ、良かったねぇ。



ガラスの怖さは、ガラス屋が一番知っている。

みなさんも気をつけてくださいね。

---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!

posted by tamura-glass at 19:31| 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

熱割れの季節

周南市内のT様宅へ
ガラスの入れ替え工事に伺いました。

RC造の大きなお屋敷です。
ビル用のサッシに、線入りガラスが入っています。
かつてはよく使われていました線入りガラス。
ユニワイヤーという商品名で呼ばれています。
線入り 熱割れ1.jpg

断定はできませんが、おそらく熱割れです。
そんな割れ方です。
何かモノが当たってその衝撃で割れたのとは全く異なります。

線入り 熱割れ2.jpg
右から2本目のワイヤーからヒビが入っています。
この隣のサッシのガラスもヒビが入っていました。


春は「熱割れの季節かな」と思います。
正確には、
冬起こった熱割れを、暖かくなった春に直す。
ということなんでしょうけど・・・。


実は、
2年前のちょうど今頃、桜のキレイな時期に、
熱割れしたガラスの入れ替えに伺っていたのです。



ガラスの熱割れのことをお話しすると、
「ちょうどこのガラスにエアコンの暖かい風が当るんです。」
とおっしゃいました。
もちろん、これが全てではなく、様々な要因が重なって
熱割れが起こるのですが、これも原因のひとつにはなり得るのです。


熱で割れると聞くと、
夏に起こるように思われがちですが、
むしろ冬に起こっているんですね。


お家の窓に網入りガラスが入れてある方、
熱割れには十分ご注意を!
そして、
賃貸にお住まいの方は特に、ですよ。

---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!




posted by tamura-glass at 19:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

危険なガラス

朝から市内の某旅館から電話がありました。

「入口の大きなガラスが割れましたぁ〜。」

伺うと、巾70cm、高さ2mのブロンズガラスでした。

お客さんがぶつかったということでした。

割れたのは入口のドアではなく、その横のはめころし窓。

余程急いでいらっしゃったのか、
・・・でも、ドアのガラスじゃないのはどういうことかなぁ?

ガラスが見えなかったのかなぁ?
・・・そうでもなさそう。
ブロンズのガラスですし、何かのステッカーも貼ってありましたから。

ケガは大したことなかったと言われてましたが、
その割には、ガラスの破片はかなり飛び散ってました。。。

とにかく大事に到らなくて良かった。

こういう場合、
確かに旅館側には責任は無いかもしれませんが、
建物の管理者はあくまで旅館。
もし、大けがにでもなっていたら、大なり小なり責任は免れません。
たとえ法的には無くても、心情的には・・・。
むしろこっちの方がつらいものがあります。
想像するとゾッとしませんか?

店舗、ビルオーナーの方々には、人の出入の多い場所の
ガラスの安全について、ちょっと考えて頂ければと思います。
簡単に安価にやれる方法としては、
ガラスの視認性を良くする工夫としてステッカーなどを貼ったり、
ガラスの前に人が近づかないように、鉢植えやプランターなど
を置いたりされると良いでしょう。

また、ある程度予算がある場合には、
割れにくく、たとえ割れてもケガをしにくい強化ガラスを使うとか、
飛散防止フィルムを貼られることをお薦め致します。


もしかしたら、今日のお客さんは酔っていらっしゃったのかもわかりません。
・・・いやいや、朝のことだったので、それは無い。
・・・まさか、昨夜の酒が残っていた???

ま、いずれにしても、お客さんに(たとえヘベレケになっていたとしても)
「酔っていたアンタが悪い。」とは(言いたくても)言えないですから、
やはり、建物の管理者が、
気をつけるべき所は気をつけなければならないということになるのでしょうが、
なかなか難しいことではあります。。。イヤ、ホントこれは難しい・・・。
素面でも事故は起きるのに、酔客相手の対策は、実際取りようが無いと思います。

ま、今日のところは本当に良かった。
ここの支配人、よく知っていますし・・。


もちろん、こういったことは一般住宅でも十分在り得ることです。
みなさん気をつけましょう!


「海の怖さは漁師が一番知っている。
  ガラスの怖さはガラス屋が一番知っている。」のです。


---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!






















posted by tamura-glass at 20:01| 山口 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

値上げは続くよどこまでも・・・。

今年2月に値上げがあったばかりですが、

またまた今月ガラスが値上げされます。。。
値上げ.jpg

メーカーが「値上げする。」と言えば、
私達は「あ、そうですか。」としか言えません。


一体いつまで続くのでしょうか?

ガラスも当然、トラックで運ばれて来るので、
石油が上がれば当然価格に反映せざるを得ませんし、
製造段階でも、燃料を大量に使いますから、
上がって当然と言えば当然ではありますが。

でも、一度上がったものは、
おそらく値下がりすることはないでしょう。
たとえガソリンが、昔の値段に戻ったとしても・・・。

「・・・今がチャンス。上げれる時に上げとけ。」
みたいなメーカーの思惑を感じるのです。って、考え過ぎ?

ガラス、割らないようにしてくださいね!
・・・今は、それしかないです。



---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!





posted by tamura-glass at 16:57| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

強化ガラスと●●機

その多くが、学校や公共施設などにあり、
人がぶつかっても、ボールが当たっても、
まず割れることがない強化ガラスですが、
そうは言っても、割れないということではありません。
時々、割れてしまいます。

で、割れたらこうなります。
強化ガラス割れた.jpg

割れても破片が粒状になって、
ケガをしにくいのが強化ガラスの特長です。

で、今回割れた原因は、

・・・・

・・・

・・・草刈機が飛ばした小石。

小さな小石でも、硬いものが一点に集中して当ると
簡単に割れてしまいます。


学校や公共施設で働くみなさん、

強化ガラスに限らず、ガラスの近くで草刈機を使う時は、

小石が飛んで行かないようにしてください。

割れたガラスが強化ガラスだったら、

かなりの出費になりますから。


それにしても、おんなじこと、これで何度目?


---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!









posted by tamura-glass at 18:44| 山口 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

何もしてないのに、強化ガラスが・・・

・・・割れていた。


・・何? ナニ? どうして?


えっ、もしかして・・・・。


・・・ぎゃーーーーーっ!



怪談話をするには、まだちょっと早いよ。


--------

よく母校のF中学校へ仕事で行きます。
今日もガラスが割れたということで伺いました。

割れたガラスは、強化ガラス。
最近の学校では、一般的になりました。
強化ガラスは割れにくく、
たとえ割れても破片が粒状になりケガをしにくいガラスです。

そのガラスが、教頭先生曰く、
「昨日までは何ともなかったのに、今日見たら割れていたんです。
しかも、何もしていないのに・・・。」
事務の方と「不思議なこともあるもんだ。」と。

実はこれ、たまに起こる強化ガラスの「自爆」なのです。
普通のガラスはこんなこと起こらないのですが、
それは強化ガラスだからこそ起こる現象なのです。

『強化ガラスは普通の板ガラスを約700℃に加熱した後、急速に冷やして造りますが、この時表面に圧縮層と内部に引張層が生まれ、いわば綱引きの状態で双方がバランスしています。ガラス表面についた小さなキズやごくまれにガラス中に残存する不純物に起因する小さなキズが成長すると、この綱が切れてしまいバランスが崩れて、あまり大きな外圧が加わっていない状態でも割れてしまうことがあります。強化ガラスはキズを起点として瞬時に粒状に全面破損します。』
ガラスタウンのHPより

いかがです?
強いと思われている強化ガラスには、こんなことが起こるんです。
だからと言って、
強化ガラスはダメ、というわけではなくて、
やはり安全を要求される場所には、強化ガラスを使う必要はあるのです。
強化ガラスの自爆は、たびたび起こるわけではないですからね。
ちなみにF中学校では、私が知る限り初めてのことです。

割れた瞬間をご覧になったわけではないので、
何もしていないのに、しかも強化ガラスが割れてたら、
誰でもビックリ、ですよね。
というかむしろ気持ち悪い・・・(笑)。
学校の怪談話にもなるかも・・・(こわっ)。

何はともあれ、その自爆とやらの瞬間を、
いつかこの目で見てみたいと思っています。

---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!
posted by tamura-glass at 19:36| 山口 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ガラス屋だけが知っている part2?!

さて、昨日の網入りガラスの金網は
決して真ん中に入っているわけじゃぁないって話。

ま、だからと言って、
建築業界に差し障りがあるわけでもなく、
また、日常生活にも不便があるわけでもないんですが、
ま、聞いてください。

実は、網入りガラスの製造法にワケがあるんです。

このように、普通のガラスの製造工程の途中に
ロール状になった金網があって、それが徐々に、
まだドロドロ状態のガラスに沈められて行くんです。
自重で沈んでいくうちに冷えて固まるため、
必ずしも真ん中に入らないのです。


いかがです?
一度、ガラスメーカーの工場見学に行ったことがありますが、
それはもう大きな工場で、ながーーいガラス板が出来てくるのです。
そして、とにかく暑いのなんの。サウナ状態です。
中で仕事をしている人は大変です。


というわけで、
ガラス屋だけが知っている、でも、どーでもいい話、
とりあえず終わります。

・・・つづかない。

いや、つづくかも。。。



「大して面白くなかったなぁ。」と思ってもクリックしてね!










posted by tamura-glass at 17:59| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ガラス屋だけが知っている part1?!

こういう網入りガラスってのがありますよね。
FW1.jpg

そう、ガラスの真ん中に金網の入っているガラス。

実はコレ、真ん中じゃないんです。
確かに、ガラスの中ではあるんですけど、決して真ん中じゃぁない!
          ・・・何もそんなに強調せんでも・・・。

例えばコレ見てください。
網入り断面1.jpg
とても真ん中に入っているとは言えないでしょ?


コレは、ほぼ真ん中かな?
網入りガラス断面3.jpg


でもコレも偏ってるでしょ?
網入り断面2.jpg

網入りガラスは厚さが約7mm(正確には6.8mm)なのですが、
この厚さの中で、金網は割と勝手気ままに入ってるんです。
もちろん、だからと言って、決して表面には出てないですよ。


知ってましたぁ?

・・って、わざわざこんなとこで言う程のことじゃなかったですね。


でも、ガラス屋じゃないと知らないことですよね?

って、そんなこと知りたいとも思わない?

ごもっとも。

でもまあ、そうおっしゃらずに。


実は、こうなるのにはワケがあるのです。


それは、・・・  


(それにしても、こういう写真って撮るの難しいですね)



・・・ つづく。



ワケを知りたい人はクリックしてね!





posted by tamura-glass at 20:32| 山口 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

割れたら高い

最近のガラスは、割れたら(割ったら)高くつきます。

今日は、市民球場のガラスの入替を頼まれたのですが、
入っていた(割れた)ガラスは、網入りガラス。
しかも、透明。
実は、網入りガラスは「型(模様入り)」に比べて
「透明」は異常と思えるほど(?)高いんです。

もし、これが強化ガラスだったら、おそらく割れてはいなかったでしょう
(強化ガラスが使われている窓もありました)。

昔、建具が木で作られていた頃のガラスは薄いので、
ボールが当たったら、簡単に割れてましたけど、
それがサッシに代わって、ガラスは大きくなり、また厚いガラスも使われ、
最近では、ペアガラスのような高級なガラスも使われ、
割れにくくなっている反面、割れたら非常に高くつきます。

ボール遊びは場所、特に割れたら高いガラスが無いかを
しっかり見極めてやりましょうね。

お父さんのゴルフ練習も同様、ですヨ(笑)。


---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!














posted by tamura-glass at 20:13| 山口 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ガラス屑の話

ウチには、ドラム缶がふたつあります。
中身は、ガラス屑。
ガラス屑.jpg

ガラスを切断した後の切れ端や、
仕事で入れ替えたガラスを入れておきます。
一杯になったら、いつもの業者さんへ連絡して取りに来てもらいます。

仕事先で、
「田邑さんとこは、ガラスの(割れた)かけら、たくさん出るでしょ?どうしてるの?」
と、お客様から時々聞かれます。
ま、確かに一般の方からすれば不思議ですよね。
大量に出るガラス屑をどうしてるのかと。

「ウチみたいな業者が、ゴミの日にガラス屑を大量に出すようなことは出来ませんし、
出したらすぐにわかりますヨ。
・・・専門の業者さんに取りに来てもらうんですヨ。しかも、お金を出して・・・。
昔は、お金をいくらかくれてたんですがね・・・。」
そうなんです。引き取ってもらってそれがお金になってた時代もあったんです。
でも今は、その逆。

しかも、注意事項があって、
このドラム缶のガラスはリサイクルされる
(新しくガラスを作るとき、古いガラスをいくらか使うんです)ので、
リサイクルに向かないガラスは入れることが出来ないんです。ゼッタイに。

例えば、
ガムテープが貼ってあるガラス
コーキング材が付いているガラス
色の付いたガラス
ビンなどの建築用ではないガラス
そして、ドラム缶の前に立ててあるような網の入ったガラス
などは、入れることが出来ません。
そういったガラスは、これまた専門の産廃業者さんに持って行きます。
もちろん、これもタダではありませんよ。
タダじゃないどころか、結構な金額です、ホント。


ゴミを捨てるのにもお金がかかる時代。
ガラス屑も、決して例外じゃないのです・・・。

---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!















posted by tamura-glass at 18:24| 山口 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

春の嵐に気をつけて

今日は、風が強い一日でしたね。

でもその割りに暖かく、まさに春の訪れを感じさせるような日でした。

とは言うものの、明日はまた雪が降るほどの寒さになるとか。

三寒四温のこの時期、体調を崩さないようにしたいものです。


さて、

今日のような風の強い日には、ドアが危ないです。

ドアが風であおられて、ガッシャーン!

一瞬のうちにガラスが粉々になった事務所に伺いました。

ま、おケガもなく、ドアもガラスが割れただけで傷みもなく済みました。

時に、テコの原理で大きな力がドアの吊り元にかかり、
兆番が曲がったり、ドア自体が破損することがあります。
そうなるとドアごとすべて取替になるので厄介ですし、
何より予算もかかります。

とにかく、風の強い日は、ドア周辺は要注意。
きちんと締まっていないとき風が吹くと、
一気に開いて事故につながる可能性大です。

強い風には、ドアクローザも無意味です。
そもそも、ドアクローザは、
自動的にドアを閉めるための装置であって、
風で開くのを止めるものではありませんからね。


これからの時期は、いわゆる春の嵐がやって来ます。
暖かくなるという証拠ですから、うれしいのですが、
風でガラスが割れてケガをしないよう、
くれぐれもご注意くださいね。

ガラスの代わりはいくらでもありますが、
体はひとつ、・・・ですよ。

---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!

posted by tamura-glass at 19:36| 山口 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

ペアガラスで金魚が飼える?!

こんなこともあるんです。

PGに水1.jpg

ペアガラスの中に水が入ってます。
金魚やメダカが飼えそうな感じ(笑)。
ま、笑いごとじゃないのですが・・・。

PGに水3.jpg PGに水2.jpg

ペアガラスの構造はこのように
2枚のガラスがシールでくっつけてあるのですが、
img_pairmulch.jpg
おそらく、シールのどこかに亀裂が入って、
このような状況になったと考えられますが、
それにしても、・・・です。

この窓はお風呂のたてすべりだし窓。
数年前の新築時に納入させて頂いたお宅です。

お風呂は、水蒸気の多く発生する場所ではあります。
が、だからと言って、ペアガラスの中に水が入ってはいけません。

確かに、昔のペアガラスはシールが良くなかったので、
中が曇っているのを見たことがあります。
それでも、かなりの年数が経っているからであって、
今回は年数が経っていませんから、
製造段階で、何か不備でもあったのでしょうか?

いずれにしても、
何もしていないにも関わらず、
このようにペアガラスの中に水が入ったり、
曇ったり、結露したりした場合は、
10年間はメーカーが保障しておりますので、
無償でお取替しております。


--------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!







posted by tamura-glass at 13:19| 山口 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

値上げ

いろんなものが値上がりしていますが、
ガラス(建築用)も、決して例外ではありません。
ガラス値上げ.jpg 

国内のガラスメーカーのトップリーダー、旭硝子
社長の娘、千秋が最近離婚した、日本板硝子
発祥の地は、ここ山口県、セントラル硝子
の三社全ての値上げが決まりました。
ガラス値上げ 2.jpg

ま、石油の値段が上がれば、何でも上がるのが
当然と言えば当然なのですが、
それにしても、このところの諸物価の値上がり、困ったものですね。

次は、何が値上がりするのでしょうか。


---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!








posted by tamura-glass at 17:41| 山口 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

サビるガラス

網入りガラスが、このように割れてました。

網入 ヒビ.jpg

金網が入っているために、脱落は免れてますが、
割れてから、かなり経っているように思われます。
実は、もう片方も同じように割れていましたので、
合わせて2枚入替させて頂きました。


さてさて、建具枠をバラします。

網入 サビ.jpg

うへぇ〜っ!

でも、普段はサッシの枠やグレージングチャンネルに隠れていますので、
よくわかりません。

が、
ガラスを入れ替えるために外すと、わかります。
長い年月を経て、どこのお宅でも大抵こんな感じになっています。

網入 断面.jpg

グレージングチャンネルとガラスの間から雨水や結露水が
侵入してこうなるのです。

そのために、網入りガラスのエッジに、サビ止めを塗布するのですが、
永久的なものではありませんし、そもそも、塗ってないことが多いです。

だから、鉄の網が錆びて、膨張することによりガラスが欠けてしまいます。
それだけならいいのですが、
そのことで、網入りガラスのエッジ部は、強度が落ち、
それが、網入りガラスにありがちな「熱割れ」が生じる原因のひとつにもなってしまいます。

ガラスの中の金網が、鉄じゃなくステンレスなら
ここまでサビないのでしょうけど、コスト高になるうえに、
きっと、切断するのにも厄介なはずです。


---------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!
posted by tamura-glass at 15:55| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

星に願いを

朝、5時台に起きると外はまだ暗闇。
空気が澄んでいて、星がきれい。
この時間だと、
自分のためだけに、星が輝いてくれているように思える。

冬の星座、オリオン座も見える。
星座に関しては全くの素人の私でも、
オリオン座だけはそれとわかる。



ガラスの世界にも、
星がある(正確にはあった)のをご存知だろうか?

今は作られていないのだが、

銀河.jpg 夜空.jpg

銀河と夜空。

もうずっと昔のガラス。

ガラスの模様、かつてはいろいろあったが、
今では、カスミ模様を残すのみ。

ガラスにこういう模様をつける技術も大したものだが、
銀河と夜空、なんて洒落ている。

確か、銀河(左)は旭硝子だったと思う。
同じようなガラスは、1社では作らないから、
夜空(右)は、それに対抗して他社が作ったものだと思う。

最近、見かけなくなりましたね、こういうガラス。
かつては、至る所で見かけたのに。

改めて考えると、なんだかスゴイことじゃないですか?
だって、
窓に、
ガラスの中に、
星が輝いていたのですから・・・。

--------------------------------------------------------------------
お読み頂きありがとうございます!
ランキング参加してます。
「ウチにこのガラスまだあるよ。」
「そういえば、昔ウチにもあったなぁ。」という方、
ついでにポチっとして頂いたら、なお嬉しいです。
みなさまの清き一票をよろしくお願い致します!





posted by tamura-glass at 15:34| 山口 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

こんな割れ方します

強化ガラス編。

今日は、友達のTちゃん宅の建具のガラスを入替させて頂きました。

玄関入ってすぐのリビングの引戸のガラスが
透明なので、あまりにもよく見え過ぎるということで。

建具はこれですが、安全のため強化ガラスが入れてあります。
右の写真のマークが強化ガラスの記し。
普通のガラスとはっきり区別が出来るように貼付してあります。
ちなみに建具のメーカーはウッドワンです。
K邸 建具.jpg 強化ガラスマーク.jpg 

で、このガラスを外します。
この建具のガラスは、
上からへ抜くような構造になっているのですが、
完成品にする際に両面テープを貼り付けて
ガラスが入れてあるようで、びくともしません。
よくある「ガラスのがたつき」が無くて良いのですが、
これはガラス屋泣かせです。

無理矢理ガラスを抜くこともできませんし、
建具に傷をつけてもいけませんので、
ガラスを割ることにしました。
割れた強化ガラスの入替は、たまにありますが、
自分が割るということは、めったにありません。

ハンマーの尖った方で何度か叩くと割れました。
強化割れ方1.jpg 強化割れ方2.jpg 
普通のガラスと異なり、割れた瞬間に、
無数のヒビがガラス全体に一瞬にして広がります。
強化ガラスは割れにくいガラスですが、
もし、割れてもこのように破片が粒状になるので
ケガをしにくいいわゆる「安全ガラス」です。

破片をキレイに外し、
ガラスではなく、ポリカーボネートの積層板を
入れさせて頂きました。
K邸 建具完成.jpg

これで、今までのように見え過ぎることもなく
ポリカーボネートですから安全ですし、
その上、重量も軽くなりました。
玄関入ってすぐのリビングの戸として
デザイン的にも◎ですね!

Tちゃん、今日はどうもありがとう!




posted by tamura-glass at 18:38| 山口 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ガラスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする