2015年09月07日

長年この仕事をしていると、

いろんなことがあるというお話です。

先日「ランマから通したエアコンのホースが邪魔になって雨戸が閉まらない。
どうにかなりませんか?」という内容のお電話がありました。
もしやと思い伺ってみると、果たして。

・・・想像通り。

サッシのランマ部からエアコンの配管を入れているケース。
20150907雨戸 (1).jpg
よくあります。
他に穴を空けることができない場合、もしくは、壁に穴を開けたくない場合、
ここから入れるのが一番手っ取り早いからです。

ただこの場合、雨戸に注意しなければなりません。
雨戸がランマ下までのタイプなら、何ら支障はないのですが、
ランマの上までの通しタイプの雨戸なら、写真のようになります。
20150907雨戸 (2).jpg
ま、そりゃ、そうですよね。

今回の場合、雨戸枠はかなり古く、エアコンの取付は去年だったということですので、
雨戸を取り付けた人(私ではありません)には今回の件はわかりません。
となると、エアコンを付けた人は気が付かなかったのでしょうね。
当然、お施主さんも先日の台風まで気付かない。
いざ閉めようと思ったら、アレ?となってお電話頂いた次第。

こういう場合は、雨戸を切り欠くしか他に方法はありません。
20150907雨戸 (3).jpg
ちなみに、
雨戸を切り欠くこと自体は簡単な作業ですが、そうすると極端に強度が落ちます。
そのため、裏から骨と面材を入れて補強してます。
むしろその方に時間がかかります。

これで無事閉まる様になりました。
20150907雨戸 (4).jpg
めでたし、めでたし。
ありがとうございました!

最近の家では考えられないことですが、時にはこういうこともあるんですね。


台風の備えは万全ですか?
窓の台風対策のご相談は、田邑ガラス店までお気軽に。






posted by tamura-glass at 18:38| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

日除けシェード取付工事

お盆も過ぎ、夏休みも終わりに近づいて来て、
このところ、朝晩はすっかり秋の気配を感じられるようになりましたが、
皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて今日は、お店をしていらっしゃるO様邸へ日除けシェードを取付けに伺いました。

こちらの窓は遮るもののない道路に面した西向きの窓。
真夏の肌を刺すような日射は無くなりましたが、西日は厳しい。
室内にはブラインドがありますが、それだけでは西日を十分防ぐことができません。

そこで、外付け日除けシェードの登場です。
今回ご提案、そしてご採用頂いた商品はLIXILのスタイルシェードです。

スタイルシェード (1).jpg スタイルシェード (4).jpg

スタイルシェード (3).jpg スタイルシェード (2).jpg

中間フックを追加で取り付けて、半開も可能にさせて頂きました。

夏は終わった感がありますが、日中はまだまだ暑いので、
今年も十分出番はありますし、来年もまた夏はやって来ますからね(笑)。

O様、本日は誠にありがとうございました。
末永くご愛用くださいませ。


窓のリフォームのご相談は田邑ガラス店までお気軽に!




posted by tamura-glass at 20:21| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

玄関ドア取替工事〜リシェントU

今日は梅雨明けから初めて雨が降りましたね。
このところずっと暑かったので、久しぶりの恵みの雨という感じでした。
これで明日からは少し暑さも和らぐかな?

さて、そんな先日の酷暑の中、近所のT様邸の玄関ドアの取替に伺いました。
朝方は日陰だったので良かったのですが、
だんだんと陽が高くなるにつれ、暑さも増し、
汗をかいては水分補給の繰り返しで、もうグショグショ。。。
いやぁ〜、暑かったです。。。

でも、おかげで玄関も立派になって、何より明るくなったと喜んで頂きました。

T様玄関1.jpg T様玄関2.jpg

そして、これまでは不安だった施錠もバッチリ!です。
T様、この度は誠にありがとうございました!
末永くご愛用くださいませ。


ちなみに、今回の玄関ドアはLIXILのリフォーム玄関ドア〜リシェントUです。
今、流行りの(?!)カバー工法により、外壁を壊すことなく取付出来るリフォーム専用ドアです。

周南市でリフォーム玄関ドア・リシェントU、ならびに
その他ドアやサッシのリフォーム・取替のご相談は、田邑ガラス店までお気軽にどうぞ!



posted by tamura-glass at 21:07| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする